芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > 【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 3 > > 【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 3

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 3  

3days(スリーデイズ)連載

ドラマのネタバレを含んでいます。ドラマを未視聴の方は、ご注意下さい。

- - - - - - - -

ボウォンが、チャヨンとの仲を誤解しているらしいと気づいたのは、ボウォンがチャヨンの病室を慌てて出て行った時だ。
彼女は、チャヨンの看病をしていたのに、急に帰ると言い出した。
ボウォンの思い込みはわかっていたから、彼女が最後まで言わずとも、否定できた。
「仲間です」
ボウォンは、納得していないらしい。むくれていると思ったら、今度は愛想笑いを浮かべる。
そして、下を向いて顔を隠して、ぎゅうぎゅうと繋いだ手に力を込める。
こんな風に最大限に拗ねられたら、たまらない。
こっちは、サンギュがボウォンの肩に触れただけで瞬間湯沸器よろしく沸騰するほど、惚れているのだ。

――ああ、こんな。キスしてやりたい。

華奢なうなじを引き寄せて唇を奪った。
唇が触れる直前で、彼女の体に力が籠もるのがうなじから手のひらに伝わって来なかったら、舌で彼女の唇をこじ開けるぐらい、前のめりだった。
薄い皮膚を触れさせるだけのキスだけで思いとどまったのは、それと、柔らかい唇に触った途端に、先走りすぎたかもと頭の中で警笛が鳴ったからだ。
それでも、離れがたかった。
ゆっくりと体を起こす。ボウォンは、また、顔を伏せた。
「ユン巡査」
いざとなると臆病になる。
一方的にキスまでしたのに、万が一にも振られる可能性、なんてものまで頭をよぎる。
それに、告白なのに出てきた言葉が“巡査”。間が悪すぎる。

――馬鹿か、俺は。

格好悪い。
が、きちんと言い直したかった。
彼女がソジョ里に帰ってからずっと、巡査と警護官の距離が、もどかしくて仕方がなかったのだから。
「ユン・ボウォンさん」
言い直した声が掠れてないだろうか。
手が震えてないだろうか。
ボウォンにその震えが伝わってしまっていないだろうか。
緊張した時は息をゆっくり吐けと、新人時代に教わったことを急に思い出して、胸に詰まった息を逃がした。
それだって、格好悪い。
「好きです」
なんとか言い切った自分に、ボウォンはすぐに答えをくれた。
こちらに向けられたのは、警戒心の欠片もない、あのあどけない顔だ。
いきなりキスをされたのに、惚けた瞳で見つめてくる。
己はちゃんと好かれているじゃないかと、もう、照れるほかない。



ご飯を食べるより、このままがいい。
いきなり甘えられるとは思っていなかったから、こう言われて、面食らった。
ボウォンは、強い。
信念を貫く強さは、もしかしたら、己より上かもしれない。
事件の渦中も、一本芯の通った眼差しで、幾重にも立ちはだかる壁を睨みつけていた。
明瞭な声で、時には周りも叱咤しながら、てきぱきと前へ進んでいた。
それが、である。
彼女は、やっと聞こえるぐらいのか細い声で、夕食は食べなくていいです、と言った。
本人はしっかり者のつもりだし、それはその通りだろうけれど、目の前で俯いている、警察官の鎧を下ろしたボウォンと、一緒に戦っていたボウォンとのギャップに、またもノックダウンさせられた。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】早くキスして

【テーマ】 3days(スリーデイズ)二次小説  テギョン×ボウォン 

2015/04/20 Mon. 22:35  tb: 0   コメント: 9

コメント

やすべぇ 2015/04/21 07:13 | URL | edit | 

ハソンさんは

ボウォン役、とってもお似合いで、ドラマのセリフ以外の
ものも感じさせてくれる、まさに目で、ここに書いてくださって
いる気持ちや今後の物語までも想像させてしまうほどの
演技でした。とっても、可愛いのに芯のあるこの役は
彼女にとっても合ってましたね!それにもまして
ユチョンの目の表情からこれだけの気持ちを
掬い取って書いてくれるあなたが、好きです!

ゆちょめがね 2015/04/21 12:34 | URL | edit | 

(*^^*)

先程拝読しました(^з^)-☆
「やすべぇ」さんもこんにちはm(._.)m笑

「安心できませんか?」
のコトバの裏では''俺も好きだよ!俺が好きなのは君だよ!!''、な~んて潜在意識テンションMAXだったのね~。ソンス~(女殺し♪)ww

だけどキスしたら途端に先走ったかと、自信がぐらつき、ふぅ~っと息を吐くウリテギョニ(*^^*;)
男ってどんなに格好よくても、たいてい自信がないのかな…自信がない時の可愛さ、たまらないです!!

・soytea 2015/04/22 03:18 | URL | edit | 

やすべぇ様とゆちょめがね様はお知り合いでいらっしゃるんでしょうか!?
こんなウェブの片隅で、ありがとうございます。

■やすべぇ様
パク・ハソンさんは、ボウォン役がハマっていましたよね。
しっかり者なのに、恋する乙女の時は、不安そうな目をしてテギョンを見ていて、可愛さ倍増でした。
そして、「好きです」、ありがとうございます。
いやいやいや。なんとお返事すればよいのかわかりませんが、でも、このテギョン、ちゃんとドラマのテギョンなんでしょうか。
逸脱してる気がしてなりませんw

■ゆちょめがね様
人間なので、男性も女性も、いざとなったら、小心者な気がします。
テギョンには、格好良く、がっと決めて欲しい願望がありますが、どうなんでしょう。どっちなんでしょうw
ここまで書いておいて、実は、彼の恋愛観が、わかっていません。
あの短期間(ドラマでは、3/2? 3/3?に出会ってから、一週間ちょっと?)で、また会いたいと押していたので、行動は早いほうかな、と思うんですが。

やすべぇ 2015/04/22 07:08 | URL | edit | 

おはようございます!

ゆちょめがね様とは直接のお話をしたことはないと
思いますが...
僭越ですが、たぶん、ピッと来るところが似ているのかとー
すっごく、嬉しいです。
このテギョン、ドラマそのものだと思いますよ!
もし、セリフを付ける?音に出ないト書き部分があるとしたら
私なら、こう入れたいと思いますもの~(すごくナイーブで、痛みも
孤独も知ってしまったら、人は寡黙になると思うから...)
熱い思いのある人ーテギョンし ですよね!
(贅沢な願いですが、ビジュアル的に映画の影響を受けない時期の
もう少しスリムな時に撮ってくれたらーとは思いましたけど。
可愛いすぎるんですもん...)

・ 2015/04/22 08:48 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆちょめがね 2015/04/22 10:24 | URL | edit | 

すみません( ; ゜Д゜)

ごめんなさい~スデのコメント欄に「やすべぇ」さんのお名前を度々拝見したので…。お知り合いの方ではないです…失礼しましたm(._.)m
だけど嬉しいと書いてくださって、ホッ(^^;)

ポーカーフェイスなテギョンは確かに恋愛するには気持ちが読めなくて、''好意の見極め方''?を察知するのが難しいと思います。
だからよりキュンキュンしてお話にハマッています!!4話も楽しみにしています♪

・soytea 2015/05/04 12:26 | URL | edit | 

■やすべぇ様

お返事が遅れまして、申し訳ございません。
また、私が、余計なことを書いてしまいましたね(汗)
申し訳ありません。


>ビジュアル的に映画の影響を受けない時期
>可愛いすぎるんですもん...

時々、ドンシクが出ますよねw
今のビジュアルなら、ぴったりだったかもしれません。
逆に、どんどん痩せているように見えて……。
でも、あのかわいいユチョンも、好きです。


お褒めの言葉&励ましも、ありがとうございます。

・soytea 2015/05/04 12:33 | URL | edit | 

■F****様

返信が遅れまして、申し訳ありません。

何度も行ったり来たりで読んでくださって、ありがとうございます。
ボウォンは、一見サバサバ系ですが、細やかな配慮の出来る女性ですよね。
テギョンも信念の人ですが、ボウォンもまた、違う種類の信念の人だと思います。

・soytea 2015/05/04 12:43 | URL | edit | 

■ゆちょめがね様

お返事が遅れまして、申し訳ありません。
また、私が余計なことを書いてしまいました。
けれども、お二人が丸く収めてくださって、ありがとうございます。

ソンジュンのように、心の中でブツブツ言ってくれればいいんですが、そんな描写もなかったので、そこも書きづらかったりしますが、書いている内になれるのかなぁ、とw
応援ありがとうございます。



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/617-b56009f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。