芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > 【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 2 > > 【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 2

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

【スリーデイズ 二次小説】早くキスして - 2  

3days(スリーデイズ)連載

ドラマのネタバレを含んでいます。ドラマを未視聴の方は、ご注意下さい。

- - - - - - - -

ボウォンは、手伝うというテギョンの申し出も、なかなか承諾しなかった。
彼女はあくまで自分は平気だと言いはる。
それでも馬鹿の一つ覚えのように、「安全に配慮しろ」と「手伝う」を繰り返し、やっと彼女の承諾を得たが、今度は二人の休みのタイミングが合わなかった。
唯でさえ焦れていた。
そんな中、携帯電話をいじっているだけで、パク・サンギュのみならず、他の警護官まで意味深な笑いを含みながら、一言二言残していく。
会話の内容を知るはずもない、ましてや相手が女だと言ったはずもないのに、
「成績上位一パーセントの男が、形無しだな」
などと、まるで見てきたかのような横槍を入れるから、ますます苛立ちが募った。
その後なんとか約束を取り付けて一緒に向かった先は、彼女の主張通り、確かに安全そうなマンションだった。
正直なところ、引越候補の三つの内のどれも、治安の良さは大差ない。
だが、自分のマンションの近所の部屋が一番安全だと嘘をついた。
必死だなと、我ながら苦笑を禁じ得ない。
しかし、幸いボウォンも異存はなかったらしい。あっさりとその部屋に決まった。



自転車がきわどい距離でボウォンの脇をすり抜けた。
「危ない!」
考えるより先に体が動くなんて当たり前で、断りもなくボウォンを引き寄せた。
何度も腕の中に引き込んだことのあるその体が、この時ばかりは一段と小さかった。
ボウォンは、自分の肩よりも頭半分高い。
だが急に彼女の手首を思い切り引き込んだから、体勢を崩した彼女は前屈みの姿勢で大人しくなっていた。
胸にあたる頬が柔らかくて、このまま両腕で彼女の体ごと抱き締めてしまいたくなる。
なんとか衝動を抑えこみ、けれど彼女の体温が名残惜しく、掴んだ手首を引いたまま腕時計を確認した。
「ソジョ里行きのバスまで、まだ時間はありますよね?」
ボウォンが頷いた拍子に、胸板と頬が擦れて新たな熱を生む。
ああ、これ以上はまずいなと、慌てて体を離した。
けれど、掴んだ手は離せない。離したくない。
一瞬体を強張らせたボウォンは、あの、と揺れる瞳をこちらに向けた。
ボウォンの、戸惑うと突如として露呈する、あどけなさ。
それにこちらがノックダウンしていることも、他の男に見せたくないなと独占欲を掻き立てられていることも、彼女はまるで頭にないんだろう。
初めて自宅に招き入れた夜の玄関の彼女と、同じ顔だ。
あの時はまだ、朧気だった好意を直視する余裕がなかったが、さすがに自分のシャツを着ている彼女の姿を見た時は、引き締めていた緊張感がぐらついた。
けれどもう、あの時のように平常心を取り戻す必要もない。
嫌かという問いに、ボウォンはでも、と躊躇した後、
「いいえ、嫌じゃないです」
と俯いた。
だから、ボウォンの手を強引に引っ張った。



具体的に計画を練っていたわけではなかったが、ボウォンが帰る前に、想いを告げるつもりでいた。
気持ちを確かめてしまえば一言で済むことも、周りくどい道筋を辿らなければならない、曖昧な距離がもどかしかった。
「私たち、付き合ってるんですか?」
こう言われて、先を越されたなんて思ったとボウォンが知ったら、彼女は怒るだろうか。
チャヨンを気にして拗ねた顔が可愛かったと言ったら、怒るだろうか。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】早くキスして

【テーマ】 3days(スリーデイズ)二次小説  テギョン×ボウォン 

2015/04/18 Sat. 18:30  tb: 0   コメント: 8

コメント

ゆちょめがね 2015/04/18 19:34 | URL | edit | 

カスミ ドゥグンドゥグン( 〃▽〃)

2話ありがとうございます♪
対になってるこのお話、「キスしていいよ」もたっぷり萌えましたが、テギョンsideの心情を読めるのは、よりドキドキしますね~!図々しく自身をボウォンに脳内変換してますww
この後のファーストキス…テギョンはクールガイ決めてたけど、実際は…?
わぁん楽しみです(^з^)

・ 2015/04/18 20:35 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やすべぇ 2015/04/18 20:39 | URL | edit | 

クールガイを決め込む人ほど....

実際は....そうなんです。
心は滾るほどの...
わぁん、良いです。(^3^)
いつも、そこいらへんの、気持ちの描きかたがが
うまいなぁと思います!絵?が浮かびますもの...

・ 2015/04/20 01:37 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・soytea 2015/04/22 02:37 | URL | edit | 

■ゆちょめがね様

どきどき、ありがとうございます!
テギョンは、書いてみて思ったんですが、書き辛かったです。
というのも、無口なタイプなので、何を考えているのか、掴めないですよね。
それに、ボウォンも翻弄されていたように思います。
なるべく、ドラマとはなれないように、と思いつつ、soyteaの妄想炸裂ですw

・soytea 2015/04/22 02:52 | URL | edit | 

■i***********様

お気遣い、ありがとうございます。
また、せっかくのお申出に対するお返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

メイキングですが、お気持ちだけ、頂戴いたします。
ありがとうございます。
i***********様のご期待に添えるような、また、今回のi***********様のご好意のお礼になりうるような、会いたいの大人小説の構想を目下練っているところですので、お時間は頂きますが、アップしましたら、読んでやって下さい。

このたびは、せっかくのご提案をお断りする形になりまして、申し訳ありません。
また、お心遣い、ありがとうございます。
お話を好きで書いているだけなのに、このように応援してくださり、とても嬉しかったですし、励みにもなりましたし、また、対面ではありませんが、人の暖かさがとてもありがたく感じました。
今後とも、芙蓉の書およびsoyteaを、よろしくお願い致します。

・soytea 2015/04/22 02:54 | URL | edit | 

■やすべぇ様

男性としては大変魅力的ですが、無口なタイプは、書くのは難しいですw
うまい、なんて全然そんなことはないのですが、楽しんでいただけまして、嬉しいです。
ありがとうございます。

・soytea 2015/04/22 03:03 | URL | edit | 

■F****様

F****様のコメントを拝見して、気づきました。
ご飯を食べられるときに食べる性格、ということは、ご飯以外もそういう対処をする、という可能性があるんですね。
私、文字通り食事のことしか考えていませんでした。
そっちの意味にも取れるんですねぇ。

こんな鈍感で、よく今まで、恋愛話が書けたものですw



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/615-43cefb2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。