芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > ハ・インス×チョソン(妄想つぶやき) > > ハ・インス×チョソン(妄想つぶやき)

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

ハ・インス×チョソン(妄想つぶやき)  

妄想つぶやき

ハ・インスとチョソンのその後を、ずっと書きたいと思っていました。
芙蓉の書開設当初から、私の頭の中にあるものです。
まだまだ形にできそうにないので、こちらで、ストーリーをつぶやきます。

----------

ハ・ウギュがあんなことになり、ハ家は、老論の地位も財産も剥奪/没収されているのでしょう。
縁者を頼って、ヒョウン、インスは地方でほそぼそと暮らしているのだと思います。
されど、金に物を言わせた可能性が無きにしもあらずとは言え、成均館に入り、掌議まで務めたインスは、それなりの学が身についているはずです。
なので、学者見習い=儒学者の弟子として、儒学者のお家に通っているのではないか、というのが、私の妄想です。
儒学者として、立身出世の隙を虎視眈々と狙っていそうな。

さて、この儒学者のお家には、居候がいます。
チョソンです。
インスの父親を拒めなかったという、大変可哀想な事情はありますが、反体制(反王家)として活躍したチョソンは、都にいられないでしょう。
加えて、「幼いころハ家に住んでいた」「ハ・ウギュのお気に入り妓生だった」事実も加味すると、世間の目は厳しくなるでしょうし、都は住みにくい場所になってしまったと思うのです。
それに、元来頭がよく、誇り高いチョソン。妓生を心から楽しんでいたとも思えません。
なので、妓生をやめ、地方に流れる中で、儒学者に拾われ、下女として暮らしているのではないでしょうか。

ちなみに、儒学者は、独り身のイメージです。
下女と言っても、ソンドルやポドゥルのような働き+炊事洗濯をしていて、辛い生活ではないといいな、というのが私の希望です。

さて、儒学者宅で、毎日のように顔を合わせるチョソンとインス。
もともとチョソン命だったインスの恋心は燃え上がり(ただし内面で)、一方のチョソンも、インスと幼馴染であることや、傷ついたチョソンをかばってくれたこと、成均館時代の横柄な態度とは打って変わってひたむきに頑張る姿などから、やはり恋心を抱きます。
身分剥奪により、結婚への障害もなさそうな二人。
儒学者も、時にそれとなく、時にあからさまに「さっさとプロポーズしろ」とけしかけます。
しかし、インスにしてみれば、一文無し、将来の保証もなしの現状で、チョソンを受け入れるわけにも行かず、いつも冷たい態度をとってばかり。

・チョソンと挨拶以外の言葉は、殆ど交わさない
・チョソンが話しかけても、ほぼ無視
・チョソンの気持ちには気付かないふり
・儒学者に促されれば「今の立場で妻を娶るなどありえない。ましてや(絶対に白状しないけど、この世でいちばん大切な)チョソンなんてもってのほか」と返す

と頑なです。
それもこれも、チョソンの幸せを祈るゆえ。
しかし、チョソンは、もともと自分の幸せは自分で切り開くタイプですので、インスが憂う現状など、そもそも問題にしていない。
生活の一つ一つを大切にする田舎暮らしも、意外と性に合っている。
それでも、インスの落ち込みと奮闘は痛いほどわかっているので、ヒョウンのように自ら行動するでもなく、そっとインスを見守ります。

ああ、平行線。

きっと、インスの壁を壊すのも、チョソンだと思います。
「地位も贅沢は、人生の彩りにはなるけれど、必要なものじゃない」と、ゆっくり伝えて、インスの心の氷を溶かしていくのではないでしょうか。
二人には、こじんまりとしていても、暖かい家庭を築いてほしいと思っています。
----------

花の四人組以外の登場人物のその後が気になっているのは、きっと私だけではないと思います。
皆様は、どんなその後を想像しましたか?
是非、お聞かせ下さい♪



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】成均館つぶやき

【テーマ】

2018/01/30 Tue. 14:08  tb: 0   コメント: 0

コメント



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/1053-d0911ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。