芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > 【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 134(パラレル) > > 【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 134(パラレル)

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 134(パラレル)  

成均館スキャンダル連載

ドラマ版成均館スキャンダルの人物が登場する、現代パラレル二次小説です。ご注意下さい。

- - - - - - - -

冷たい朝靄は、唯でさえ鬱々としたソンジュンの気分に追い打ちをかけた。
今日は取り立てて天気が重々しい。ポケットに手を突っ込むと、自然に背中も丸まる。
ユニが乗るバスを避けて、学校までの数キロを歩き出したものの、自らが設定した時限爆弾が頭の中で規則正しく時を刻んでいるせいで、足を動かすのが億劫だ。
今日の昼食の時間を過ぎたら、もう、ユニと会うこともなくなる。
顎先を覆う紺色のマフラーとも、これでお別れだ。
ユニが見立ててくれたこのマフラーを一日も欠かさず使っていたけれど、帰り道では巻かないつもりだ。
ソンジュンは、わざと顎を引いた。
少し毛羽立ったウールの毛先が、肌に当たる。
鼻のてっぺんも、毛先の刺激でこそばゆいが、思い切り息を吸い込んだ。ユニの匂いがするわけでもないのに。

―僕の世界から、ユニはいなくなる。

それでも、学問の海を泳ぎ回ることさえ止めなければ何も怖くないのだと言い聞かせることが出来る自分は、幸せ者なんだろう。
己がつくづく学問人間だと痛感するのは、こんな時だ。どんなに気が滅入っていようとも、本を開けばその世界に没頭できるのだから。




午前の講義は、教授の話に耳を傾け、ノートを取り、を繰り返した。
「今教授が話しているこの解説は、ユニが喜びそうな話だ」と思う瞬間もなかったとは言わないが、殆どの時間は、純粋に学問と向き合った。
そう、殆どの時間は、没頭できたのだ。
ソンジュンとユニの友情は、そもそもが学問が仲立ちだったから、当然といえば当然なのかもしれないが、その「ふと思う」が、頻繁にやって来た。
その度に、こんなことでは駄目だと自らを鼓舞して、教科書に戻る。
認めたくはないが、学問は、ユニの存在感を引き立たせるだけだ。
今朝、学問があれば何も怖くないと思い込んでいた自分は、なんと愚かだったことか。
こんなにも己の世界はユニで溢れているのだ。
それでも、今朝の決心を曲げてはならない。

―こんな恋は、不毛だ。
―カナダに来た目的は勉学であって、恋愛ではない。

呪文のように唱えて深呼吸した後に、教授の声に意識を移す。
身体を捩った瞬間に、バッグの中に入れたサンドイッチの紙袋が、かさりと音を立てた。
ホストマザーは、今朝もいつもと変わらず、ユニに喜んでもらうつもりでこのサンドイッチを作ったはずだ。
それにユニも、今日も弁当を用意しているとメッセージに書いていた。
彼女がサンドイッチを食べることはもうないし、ソンジュンが弁当を食べる機会も、この先、訪れることはないだろう。
生活の至る所に散りばめられたユニの名残を一つずつ潰していくこの行為は、まるで、確認作業のようだ。
学問はそれなりに助けにはなっているけれど、散開した意識を一本に纏めるほどの吸引力は、残念ながら、持ち合わせてはいなかった。
それがまた、ソンジュンの未熟さを際立たせた。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  ソンジュン×ユニ  花の四人衆 

2017/09/20 Wed. 16:13  tb: 0   コメント: 1

コメント

・ 2017/09/21 01:08 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/1042-69cd04b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。