芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > 【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 133(パラレル) > > 【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 133(パラレル)

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 133(パラレル)  

成均館スキャンダル連載

ドラマ版成均館スキャンダルの人物が登場する、現代パラレル二次小説です。ご注意下さい。

- - - - - - - -

ささくれ立った心は、ソンジュンの全身を否応なしに刺激する。
試験前の切羽詰まった神経が、余計にそうさせているのだろう。
こんな気持ちで、ユニに会いたくなかった。
ジェシンは、ユニにとって大切な人だ。ソンジュンがいかに彼を疎ましく思っていようが、それを悟られてはならない。
ソンジュンは、ベッドの中で眉根を寄せた。
目覚めととも、昨夜のユニとのメッセージのやり取りを思い出し、胸が重くなる。
カーテンを透かす朝の光は、バンクーバーの冬らしい鈍い色で、余計に気が滅入った。



一分でも長くユニの時間を奪いたくて、必死だった。
ユニとの登下校だって、強迫観念に突き動かされるように拘った。
あっちが許嫁ならば、こちらは学友だ。ジェシンが知らないユニの一面を自分は知っているのだ、と肩肘を張って対抗した。
だが、ユニを深く知るにつけ、結局はジェシンとの絆を痛感するに終わった。
何度も突きつけられた現実は、どんなにユニに執着しても、何も変わらなかったのだ。
昨夜は、学友らしい励ましの言葉をかけたけれども、またもジェシンの影がちらつき、朝になっても胸のむかつきは治まらない。

――今朝は、無理だ。

だからソンジュンは、ベッドサイドで充電している携帯電話を引き寄せた。

『体調が優れないから、先に学校に行って下さい。』

ユニは、すぐに返信を寄越してくれた。

『大丈夫?学校には来れる?』
『お弁当作ったけど、食べられるかな?』
『お昼に、カフェテリアで待っているね。』

既読の印が付いているのに返信しないソンジュンの態度を咎めるでもなく、メッセージが続いた。
ソンジュンは、顔を枕に埋める。
昼には、カフェテリアでユニに笑顔を向けられるのだろうか。
それとも、こんな風に、段々と彼女から離れていって、彼女への気持ちも薄らいで行くのだろうか。
自分自身に向けられた忠告は、毎日のように『馬鹿な横恋慕は終わりにして、勉学に打ち込むべきだ』とソンジュンの心臓を突いた。
やっと、腹の底から、この忠告に耳を貸す気になった。
それなのに、変化が怖い。
この身体の中から恋が消えてなくなってしまうことが、怖い。
楽になるはずなのに、恋を止めた時に、心がどうなってしまうのかわからなくて、怖いのだ。



ソンジュンは、ベッドから這い出て、携帯電話の画面に表示されたままの、ユニのメッセージを眺めた。
毎日のように続いた会話は、今日も表面上は変わりなくおだやかで、暖かい。

――ああ、でも、自分を痛めつけるような恋に、何の意味があるのだろう。

ユニに、もう会わないと告げよう。学友の一人が消えたところで、ユニにはジェシンがいるのだから、彼女の心配をする必要なんてない。義理もない。
本当は、メッセージを送ってこの関係を止めにしたいけれど、そんな態度は、ユニが納得しないだろう。
だから、カフェテリアで、さよならを言おう。
「さよならも、おかしい話だな」
ソンジュンは、ベッドの縁に腰掛けたまま、天井を仰いだ。
付き合っていない男女が、さよならを言うなんて、聞いたことが無い。
会うことを止めるのに、さよならがそぐわないとは、なんと薄っぺらい関係だろう。
下瞼の縁が、じんわりと熱くなる。鼻の奥が痛む。
でも、薄っぺらい関係なのだから、きっと、自分は大丈夫だ。
今は先が見えなくて恐ろしくても、一人でも何とかやっていけるはずだ。
だから、今日、カフェテリアで、ユニに告げよう。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  ソンジュン×ユニ  花の四人衆 

2017/07/26 Wed. 16:22  tb: 0   コメント: 0

コメント



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/1032-e1858a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。