芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> > > 【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 130(パラレル)

【成均館 二次小説】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine - 130(パラレル)  

成均館スキャンダル連載

ドラマ版成均館スキャンダルの人物が登場する、現代パラレル二次小説です。ご注意下さい。

- - - - - - - -

ユニがソンジュンのホストマザーが作ったサンドイッチに手を付けずにお弁当を食べているのは、理由がある。



大詰めを迎えた試験勉強は、とてつもなく空腹を誘発する。
もはや、朝、昼、晩の三食では身が持たず、試験勉強の後半戦――要するに17時辺りから――ユニの胃は恥ずかしげもなく己の存在を主張し始めた。
こうなると、もう、ユニの意思では制御が効かない。
もともと食欲旺盛なユニだ。
図書館の後ろの席から漂うカフェラテや、前方からのカフェモカやらの、著しく芳しい香りに誘発され、胃と唾液は大騒ぎである。
それでも、初めの内は煩悩と戦った。
けれど、カフェラテだのカフェモカだの、日によってはホットチョコレートだのの、贅沢にもシロップを追加料金で足しているのではないかと些か勘ぐりたくもなる甘い香りは、完全にユニを打ちのめした。
残念ながら、周りの利用者が楽しんでいるカフェオレだのカフェモカだのカフェラテだのホットチョコレートだのは、貧乏学生の身の上では、贅沢品だ。
かくして、唾液と胃の強烈な主張をただ打ちやるに任せながら、ペンを走らせる数日間だった。



しかし、である。
ユニだって、恋する乙女だ。
トレーナーやパーカーにデニムをあわせた、カナダの大学生スタイルでは説得力がないが、少なくとも心は恋をしている。
このまま胃の継続的な主張を許し、向かい合って座るソンジュンにその主張を知られてしまうのは、なるべく避けたい。
だから、それなりに対抗策を講じた。
必ず持ち歩くタンブラーのコーヒーの砂糖を、いつもの三倍にしたのだ。
甘ったるいコーヒーは、それなりに役に立った。
主に、脳の働きの面で。
カフェインと糖分で頭が冴え、普段よりもページを捲るスピードは早くなったと思う。
試験勉強対策としては優秀な一手だった。
けれど、当初の『ソンジュンに空腹を知られてはならない』目標は達成されず、ユニの希望も呆気なく散った。



「お腹すいたね」
ソンジュンは、優しくユニに微笑んだ。
かくして、ユニの食いしん坊はソンジュンの知るところとなり(恐らくは、気付いていて暫く黙っていてくれたのだろう)、ソンジュンの提案により、一日四食を食すこととなった。
ユニは二人分の弁当を用意し、ソンジュンも、ホストマザーに二人分のサンドイッチを作ってもらう。
カフェテラスで弁当を食べ、図書館に移動し勉強を進め、途中休憩の際にサンドイッチを食べる。
このソンジュンの提案は完璧で、以降、ユニの胃も鳴りを潜めている。
ホストマザー特製のサンドイッチの、全粉粒パンも、間に挟まったターキーもチーズもレタスもトマトも、全部美味しい。
お陰で、勉強の合間のほっと一息の休憩時間に、勢い良くぱくついてしまう。

――私って、典型的な恋愛に発展しない女、ってやつなんだ。

ソンジュンは、そんなユニに呆れ顔も見せず、美味しいねと一緒に食べてくれる。
おすそ分けをした砂糖が三倍入ったコーヒーには眉をしかめたけれども、それでも、
「糖分は脳に良い」
と長所を挙げて、おすそ分けの一杯は、最後の一滴まで飲んでくれた。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【関連作品】

【作品名】Me And Those Dreamin' Eyes of Mine

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  ソンジュン×ユニ  花の四人衆 

2017/05/08 Mon. 15:26  tb: 0   コメント: 3

コメント

・ 2017/05/08 17:49 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・ 2017/05/08 20:28 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・ 2017/05/10 20:14 |  | edit | 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://soytea.blog.fc2.com/tb.php/1022-2cab1819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール