芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> 清流

清流 一覧

スポンサーサイト  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】スポンサー広告

【テーマ】

--/--/-- --. --:--  tb: --   コメント: --

【成均館 二次小説】清流  

成均館スキャンダル読切

友は男であるべきだ。
妻は女であるべきだ。
生まれてこの方疑わずにいたものを、疑う日が来るなんて。
いや、違うんだ。
疑っているわけじゃない。
孔子から脈々と受け継がれる古い教えに、反発を感じないと言えば嘘になるが、根底から否定したことはない。
キム・ユンシク、君が成均館の片隅で閉じこもる理由が、だから、僕は許せない。
だけど、男の僕が男の君の唇に触れたいと思うのは、反発心なんかじゃないんだ。
老論の人間は、まるで汚物のように、君の家を見る。
君は誰よりも清いのに、だ。
成均館に迷い込んだ野良猫を撫でていた君は、陰謀に塗れた老論よりずっと澄んでいた。
石垣の陰に咲いた一輪の野花にそっと接吻した君は、誰よりも慈愛に溢れていた。



僕は道理から外れてしまった。
妻は女であるべきだ。この世は、そうあるべきなんだ。未来永劫こうあるべきなのだ。
僕がおかしいんだ。
君の道標になりたかった。
君が暗闇に身を隠さないように、君の才能が人知れず消えないように。
僕はどこで道を違えてしまったのだろう。
君を汚すばかりのこの思いは、年輪のように、ゆっくりと、けれど確実に、膨らんでいくんだ。
君の真っ直ぐな眼差しの中で、僕はいつも恥じ入っている。
暗闇に身を隠すべきは、僕の方なんだ。
キム・ユンシク、すまない。僕はもう、君の傍にはいられない。
スポンサーサイト



↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】清流

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  ソンジュン×ユニ 

2017/08/21 Mon. 14:52  tb: 0   コメント: 0

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。