芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> 雨間

雨間 一覧

【屋根部屋 二次小説】雨間  

屋根部屋のプリンス読切

朝から降り続く雨は雨脚が強く、屋根に強くあたって、ばらばらと大きな音を立てていた。
「今夜は嵐になるやも知れませぬ」
空をよく知る従者が肩を落としたのを合図に、宮中は慌ただしくなった。
宮女はか細い声を出し、文官は忙しない足音を響かせながら嵐に備える。
夜になっても、「王世子に万が一が起こっては大変だ」と口々に言って、頑なに脇に控える文官たちに、イ・ガクは労いの言葉を掛けてやる。
傍らで、女官らは、重たく湿った空気を打ち消すような、良く乾いた綿布団を敷いて出て行った。
こんな風に慌ただしく時が過ぎていくうちは、気楽だった。
イ・ガクは、布団に滑り込み、目を閉じた。



毎夜同じ夢を見ていた。
昨日の出来事のように、パク・ハと二人で手を繋いで歩き、互いに向けた笑顔を瞼の裏に思い描くのだ。
二人で愛を誓ったソウルの日々で、パク・ハは今夜の土砂降りのように、止めどなく涙を流した。
涙を湛えた彼女の瞳を覗きこめば、この愛の為に生きているのだと言わんばかりに、また涙が零れていく。
夢の中でも泣き出す彼女に、幾度となく問うた言葉がある。

「そなたは、まだ、私を愛しておるか?」

泣き過ぎたせいで、下瞼が赤く腫れていた。
だがパク・ハは、あの柔らかな笑顔を浮かべる。
それから桜色の口を開き、イ・ガクが「さあ、愛していると言っておくれ」と手を差し伸べた途端に決まって目が覚め、そこで夢が終わる。



雨音がしない。従者の心配を余所に、空は機嫌を直したのだろうか。
掛け布団を追いやって布団の上で起き上がったイ・ガクは、いつもの様に、両手で顔を覆った。
そして、もしもパク・ハが朝鮮時代に来てくれたら、隣で寝息を立ててくれたらと、小さく嗚咽を漏らす。
叶わぬ願いなのだ。
糾える縄のように絡み合った運命は、二人が愛し合うことを、来世まで許してくれない。


再び激しくなった雨が、今度は風も連れてきた。
風と共にパク・ハをここへ連れて来てはくれぬだろうかと、夢の中のパク・ハと同じように赤い目で、窓の外を伺う。
いっその事、いつもの夢でもいい。
夢でいいから、言って欲しいのだ。

「あなたのことを、今でも愛しているの」

毎夜、同じことを願う。
厚い雲が空を覆っていれば、月を隠す雲が、夜闇に紛れてパク・ハを連れてくれぬだろうかと。
粉雪が降れば、混じりけのない白に混じって、パク・ハも飛んで来ないかと。
今夜、嵐に乗って愛する人がやって来る気配はない。
だから、静かに目を閉じる。
今度こそ夢に出てきておくれと願いながら。そして、それもまた叶わぬ願いだと知りながら。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】雨間

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ 

2015/07/07 Tue. 16:17  tb: 0   コメント: 10

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール