芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> ボディーガード

ボディーガード 一覧

【スリーデイズ 二次小説】ボディーガード  

3days(スリーデイズ)読切

ドラマ最終話のネタバレを含んでいます。ドラマを未視聴の方は、ご注意下さい。

- - - - - - - -

ボウォンの携帯電話にテギョンから電話がかかってきたのは、シャワーを終えてドライヤーで髪を乾かしている最中だった。
彼は、まめに電話やメールをくれた。
一つ一つは短いし、まるで業務連絡の申し伝えのような口調ではあったが。
ボウォンはわかっている。
彼は、ボウォンの身の安全が気がかりなのだ。
彼女が、キム・ドジンは死に、彼が雇っていたテロ集団も一網打尽にしたから、もう安心だと笑ったら、まだ残党がいるかもしれない、と真面目な顔で言い放った。
少し過敏になっているのだろう。
大統領とキム・ドジンの直接対決でテロ事件が幕を閉じたあの日から、まだ日が浅い。
仲間の警護官が次々に命を落とし、その凄惨な場面全てに彼は立ち会っている。
大きな事件で皆が忘れがちだが、一連の事件が明るみに出たきっかけは、テギョンの父の死だった。
兄のように慕っていたハム・ボンス警護室長の暴走を食い止める為に引き金を引いたのは、テギョン自身だった。
彼は、前向きに未来を見据える視線の元で、鉄の仮面のように顔の皮膚をつっぱらせているその下で、まだ赤い口を大きく開けている心の傷に静かに耐えていた。
「もしもし」
「ハン・テギョンです」
知ってる。ボウォンは、声を出さずに微笑んだ。
「聞き忘れたことがあったので、電話をしました」
「なんですか?」
「今日は、ソジョに帰ったんですか?ソウルに泊まっているんですか?」
昼間、住む場所が決まったら連絡すると約束してから、彼は仕事に戻った。
もうすぐ日付を跨ぐとはいえ、家に帰れたのだろうか。
「テギョンさんは?」
「僕は青瓦台で警護中です。これから仮眠に入ります」
「じゃあ、早く寝ないと」
「だから早く答えて下さい。今どこですか?」
「ソウルです。今夜は女子寮に泊まらせてもらいました」
警察の女子寮ならテギョンも納得だろう、ボウォンは自信満々に答えた。
「女子寮か……」
「テギョンさん、明日は大変ですよね?もう寝て下さい」
明日はオーストラリアの首相が来韓する。
きっと、既に神経は張り詰めているだろうが、僅かな休憩時間は、しっかり休息をとって欲しい。
ボウォンは携帯電話を持っていない方の手で、中断していたドライヤーを掴み、おやすみなさいの形に殆ど口を開きかけた。
しかし、電話の向こうから、木刀、と聞こえて、思わず聞き返す。
「え?」
「昼間、僕の木刀を渡せばよかった」
「木刀?」
「女子寮は危険です。最近、痴漢事件がよく起こっていますから」
「ここは、警察組織ですよ?女しかいないけど、全員格闘技をやっているし、こんなところに入ったら一発で逮捕です。わざわざ警察に痴漢をしに来る人なんていません」
返事がないから、ボウォンは畳み掛けるように続けた。
「痴漢は、たくましい警察官より、可愛い女の子がいる場所に行きますよ」
これでぐうの音も出ないはずだ。
今度こそ、おやすみなさいを言って、電話を切ろう。
だが、テギョンの声が耳に届いた瞬間、心臓を撃ち抜かれた。
「君も可愛いから危険です」
彼の口から、肝心の愛の言葉は出て来ない。
自分たちは正式な恋人同士なのかも良くわからないし、互いによそよそしい敬語を使い続けている。
けれど、低く固い声のまま僕の家は駄目だと言ったり、名乗ればいいのに無記名で花を送ったり、突然放たれるストレートな甘い本音に遭遇するたびに、ボウォンはこの人を好きなのだと思う。
「あれから、他の男の人に笑いかけていないから、安心して下さい」
「おやすみなさい」
テギョンは、さっきまで文句ありげに電話を引き伸ばしていたくせに、ボウォンの挨拶を待たずに電話を切ってしまった。
「おやすみなさい」
彼女は、切れてしまった電話に返事をして、ドライヤーのスイッチを入れた。
髪が乾くと、テギョンのくれた花束の写真をとって、アプリでハートマークのスタンプをぺたりと貼り付けた。
ありがとう。と言葉を添え、テギョンに送信した。
十分ぐらい返信を待ったが、メールは来なかった。
ちゃんと眠れたのだろう。
警察官も体が資本だ。
彼女もベッドに潜り込み、携帯電話を枕元において、目を閉じた。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】ボディーガード

【テーマ】 3days(スリーデイズ)二次小説  テギョン×ボウォン 

2014/12/28 Sun. 18:11  tb: 0   コメント: 3

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール