芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> 恋文

恋文 一覧

【成均館 二次小説】恋文  

成均館スキャンダル読切

青青子衿
悠悠我心
縱我不往
子寧不嗣音

青青としてとても素敵なあなたの衿
あなたに寄せる私の想いは遥か遠くに届くほど大きいのよ
私があなたをお訪ねしなくても
何故あなたは私に便りをくださらないの

詩経『子衿』より


ユニは、向かいに座るソンジュンの涼しげな目元を睨みつけた。
しかし、書物の上を走っている彼の目の速さは変わらない。
中二房には二人のほか誰も居ないというのに、姿勢を崩さず座す姿は、簡単に声をかけることが憚られるほど凛とした気配をまとっていた。
彼女がこうして彼を見つめ始めてから、ゆうに半刻は経っていた。
しかし、彼の指は迷いなく頁を捲り続けている。
その間、彼は一度も彼女を見なかった。

水仙は見つけたのに。

今朝、ソンジュンは、明倫堂の石段の陰に咲く水仙を見つけた。
授業が終わると、ソンジュンはその水仙を摘み取って、ユニに差し出した。
微笑み合いながら東斎に向かい、この部屋で水仙を生けたところまでは、確かに二人は恋人同士だったはずなのだが。
「終わったのか?」
頁をめくりながら発せられた声は、甘やかな余韻に浸るユニの心と対照的に、落ち着いていた。
ユニは、次に続く甘い言葉を期待したが、それは、非の打ち所がない真っ当な助言だった。
しかも、未だ彼女には見向きもしないという、冷たい態度付きで。
「復習を早く終わらせたいと言ったのは君だろう?僕を見てないで、進めたらどうなんだ」
この男は、なんと女心に疎いのか。
確かに彼女は言った。今日は天気が良いから、早く授業の復習を終わらせて庭でのんびりしたい、と。
しかし、それは彼が水仙を見つける前の話だ。
この部屋にソンジュンがいて、戸棚の上には水仙が咲いている。
彼女にとって、今は、この事実だけで十分だったのに。

気付いてて無視するなんて、ひどい。

同時に、自分が好意を寄せる男が元来こういう気質だったことを、まざまざと見せつけられた気がした。
学堂の頃から誰にも首席を譲って来なかった彼が、浮ついた感情で学問を疎かにすることなど、天地がひっくり返っても起こりえない。
ユニはしぶしぶ筆を握った。
中二房の天井に届くほど浮足立った心は、ソンジュンによってあるべき位置に戻されたものの、ユニの勉学への情熱はすっかり抜け落ちてしまっていたから、半刻ぶりに墨を含んだ彼女の筆は、文字とは違う曲線を紙に描いた。
それらの伸びやかな曲線は、たちまち水仙の葉を形作った。
ユニは軽やかに六枚の花びらも描き上げる。
すっと天に向かう葉と、少し俯いた花。
不貞腐れた気持ちで描いた絵だったが、悪くない。
ユニは、ソンジュンの傍らに、その絵を滑らせた。



卓の向こうのソンジュンが、本を閉じ、ユニの絵に手を伸ばした。
紙の上の水仙は、清らかに立っていた。
水仙は、雪の中でも開花し芳香を漂わせる。男の声ばかりが大きい世の中でしなやかに生きているユニは、水仙と同じだと、ソンジュンは思った。
彼は、余白にすらすらと文字を書き付けた。
彼の性格を表すような、迷いのない楷書体で書かれた文字の羅列は、曹操(*)の詩の一節だった。

青青子衿
悠悠我心
但為君故
沈吟至今

――青い衿の学生諸君よ
――君たちのような優れた才能を待ち望み
――ただ君たちが来てくれることを思い
――私は今まで物思いにふけってきたのだ

ユニの心臓が、とくん、と音をたてた。
君のような友が欲しかった。それだけを伝えるために、彼がこの詩を寄せたわけではないと、ユニにはすぐに分かった。

だって、これは、あの“子衿”の引用だもの!

儒生が学ぶべき四書五経の一つ『詩経』に、“子衿”という恋の詩が収められている。
若い女人が学生の恋人を想う詩だ。
ソンジュンが今書いてくれた一節は、曹操が“子衿”の冒頭二行を引用して詠んだものだった。
「貰っていい?」
ソンジュンが頷くのも待たずに、ユニは詩の書かれた紙を胸の前で抱きしめた。
夢心地、とは正に今のような気持ちを表すのだろう。できることなら、東斎も西斎も、一部屋ずつ自慢して回りたいぐらいだ。
ユニは、ソンジュンに貰った詩を何度も口ずさむ。
「これで、復習に戻れる?」
「うん!……ううん、やっぱり無理」
こんな素敵な贈り物をもらったら、学問なんてどうでも良くなっちゃう。ユニは、花が咲いたような笑顔で答えた。
ソンジュンは、卓に身を乗り出してまっすぐに彼を見つめるユニを、今度は無視しなかった。

君は僕の友で、愛する人。

二人はそっと唇を合わせた。
ソンジュンがユニにくれた接吻は、中二房に漂う水仙の芳香よりも、甘かった。

* 曹操……中国後漢末の武将、政治家で魏を建国した。三国志の主役の一人。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】恋文

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  ソンジュン×ユニ 

2014/03/14 Fri. 20:23  tb: 0   コメント: 0

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール