芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> 初見(はつみ)

初見(はつみ) 一覧

【成均館 二次小説】初見(はつみ)  

成均館スキャンダル読切

兵曹判書の令嬢と結婚するしかないと思った。
君が今にも泣き出さんばかりに薬房に入ってきた時、僕は限界だったんだ。
結婚の申し込みをするために立ち上がったら、君はなんて言うんだろう、と怖くなった。
決心したのに、君を失うことが、どういうことかわからなくなった。
消えゆく朝もやを掴むように、答えは僕の指をすり抜けた。
でも、引き返せなかった。
君は、ぽろぽろと涙をこぼして出て行った。あの時、僕らは終わった。



僕らが出会った時、僕の君への執着とは対照的に、君は、僕に何の興味もなかった。
もしかしたら、いけ好かない奴だと、少しは心を揺らしてくれていたのだろうか。
時が経って、分かり合える友となって、何もかもが上手く行った。
いつの間にか、僕の気持ちが有り余ってしまい、溢れ出たそれは二人の間を埋めていったけど、それでも答えは変わらないらしいと気付いたのは、無人島で夜を明かした、あの日の朝。
君の瞳に映る僕は、最初から変わらない。
友人として信頼できる、僕がとうに忘れた、初めて出会った頃の僕。
君を傷つけたくはない。だけど、もう限界なんだ。
隠してやり過ごせる恋じゃない。
あの無人島の夜のような雨が降って、この届かぬ恋心を流してくれと、天に願ったことも一度や二度じゃない。
君が求めるのは初見の僕。もう戻れない、とっくに忘れたはずの僕。
だから、この気持ちに気付いてくれ。それから、僕を忘れてくれ。



最後にお別れを言いたい。そう告げる君の瞳に映るのは、今日もまた、初見の僕。
君はここに来るべきじゃなかった。
君だって、僕が今から結婚すると、わかっていて来たんだろう。
なのに、君を追いかけてしまった。
振り向いた君は、泣き腫らした目をしていた。
これで最後だ。そう決めたら、素直に言えた。
君の瞳は、雫を溜めた。
その雫を拭ってあげる資格は、僕にはない。
だから、急ぎ足で去った。
僕らは終わった。僕の恋も終わった。
雨は降らない。僕の届かぬ想いを流してくれない。



君は、僕の気持ちを知ってしまった。だから、僕を忘れてくれ。








-- -- -- --

ずっと膨らませたかった、以前の妄想つぶやき(僕の気持ちに気付いてくれ。それから、僕のことを忘れてくれ)。
私の中で 2013年No.1ソンジュンソング と名高い、
 ゲスの極み乙女。『ハツミ』
が、妄想つぶやきで書きたかった内容とぴったり同じなので、タイトル、ストーリー、共に 拝借/引用しました。
サウンド的にまったく朝鮮時代に合わないので、BGMとしてはおすすめしませんが、是非、一度、歌詞を読んでみてください。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】初見(はつみ)

【テーマ】 成均館スキャンダル二次小説  イ・ソンジュン 

2014/02/16 Sun. 21:48  tb: 0   コメント: 0

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール