芙蓉の書-成均館スキャンダル屋根部屋のプリンス3days二次小説

JYJユチョン主演の韓国ドラマドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」「屋根部屋のプリンス」「スリーデイズ(3days)」の二次小説ブログです。
『目次』、『小説のテーマ』または『ランキング』からお進み下さい。
また、大人小説(R18)の閲覧はご自身のご判断でお願い致します。

> 君は僕のもの

君は僕のもの 一覧

【屋根部屋 二次小説】君は僕のもの - 1  

屋根部屋のプリンス連載

* お買い物デート *

「パッカ、出かけるのか?」

君は僕のもの_001


「お母さんと食事をする約束なの。お昼は冷蔵庫に入れておいたから、勝手に食べて」
「そなたは、私とスー・・・、スー・・・」
「何?」
「スーパーでございます、チョハ」
「パッカ、そなたは、これから私とスーパーに行くのだ」
「もしかして、バナナ牛乳切れてる?わかった、帰りに買っておくわ」
「パッカ、もう決まったことだ。食事の予定は、次に回せ」
「はぁ?お母さんとの食事が先約よ」
「バナナ牛乳だけではない、ヨーグルトも切れておるのだぞ!!!」
「・・・ねぇ、そこの三人。テレビ見てないで、このアンポンタンの買い物に付き合ってあげてよ」
「「「そのような口をきいてはなりませぬぞ!」」」
「我らの教育が至らないばかりに、申し訳ございません。死罪に値します。チョハ」
「マンボ、わかれば良い」
「・・・大げさなのよ」
「パッカ姉上、大げさではありません!」
「・・・ともかく、欲しいものがあったら、今言ってくれる?買ってくるから」
「パッカや、何度言ったらわかるのだ。そなたは “私と” スーパーに行くのだ」
「そんなに行きたいなら、四人で行けばいいじゃない」
「私は、そなたとふたりで行くと決めたのだ」
「あーもう、話にならない」
「パク・ハ殿、買い物に一緒に行っていただけないか」
「ヨンスルさんまで、何よ?」
「パッカ姉上、我らには、チョハご所望の品がわからぬゆえ・・・」
「チサン、現代のものは何でも美味しいの。ブラックカードで、いーーーっぱい試し買いすればいいわ」
「しかし、チョハはパッカ姉上をご指名で有らせられる」
「ふーん・・・そうね・・・マンボ、今日の夕食は、オムライスにする?」

「「「 お ・ む ・ ら ・ い ・ す ~~~」」」

「・・・三人とも、なんだ!お・む・ら・い・す~に釣られおって」
「じゃ、でかけるから。あんたのお陰で、遅刻しそうよ」
「パ、パッカ・・・待つのだ!」
「行ってきまーす」

君は僕のもの_001_2


「皆の者、ここへ」
「「「申し訳ございません、チョハ」」」
「私が何を言いたいのかわかっておるな?」
「「「申し訳ございません、チョハ」」」
「お・む・ら・い・す~如きの欲に負けおって!」
「「「申し訳ございません、チョハ~」」」
「どいつもこいつも・・・!」
「「「「 チ ョ ハ ~ ~ ~ !!!」」」


-- -- -- --

出会った頃から、チョハはパク・ハに対して所有欲丸出しなので、タイトルを「君は僕のもの」にしてみました。
あんなにセナを追いかけまわしてたのに、7話冒頭、セナがパク・ハを泣かせたと知るや「僕のパッカに何をした!」と言わんばかりに、セナを睨んでますからねw
そんな恋愛未満な二人の関係を、軽いノリで書いていきたいと思います。




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】君は僕のもの

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ  臣下三人組 

2014/01/15 Wed. 07:00  tb: 0   コメント: 2

【屋根部屋 二次小説】君は僕のもの - 2  

屋根部屋のプリンス連載

* お買い物デート成功編 *

「食べ終わったら、みんなで本屋に行くわよ」
「本屋ですか?書物がたくさんあるのですね?」
「みんな、ハングルも読めるようになってきたけど、もっと沢山読んでスピードをつけないと」
「楽しみですね!」
「マンボは絶対に気に入るわ」
「うんん!」
「チサン、ファッション雑誌って知ってる?お洒落な服がたくさん載ってるわよー」
「う゛んん!」
「ヨンスルさんは、何が好きかな。格闘技の専門書なんか・・・」

「う゛ ん゛ ん゛ !!!」

「「「・・・これは、大変失礼いたしました、チョハ」」」
「そなたら三人は、ここで待つが良い。私が皆の好みの書物を見繕ってこよう」
「三人とも、楽しみにしてるじゃない。ね、行きたいよね?」
「「「・・・はい」」」
「本は重いの。あんたは運ばないんだから、三人も来なきゃ」
「車を出すゆえ、重たくはない」
「これは、三人のためでもあるの。好きな本のほうが、勉強が捗るわよね?」
「「「・・・はい」」」
「いや、ここで待て。それぞれに仕事を与えよう」
「仕事って何よ。今まで暇そうにしてたくせに。こんなヤツの言うことなんか気にしないで、行くわよ?」
「「「・・・・・・」」」
「マンボに書物は必要ない。すらすらと読めておる」
「チサンはまだ・・・」
「身なりについて書物から学ぶ必要はない。街に出れば、いくらでも観察できる」
「ヨンスルさんだって・・・」
「武術は鍛錬だ。ヨンスラ、励むが良い」
「もう、うるさい!みんな、一緒に行くわよ?」
「「「・・・・・・」」」
「行かないの?」
「我らは、留守を守ります」
「パク・ハ殿、チョハをよろしく頼みます」
「パッカ姉上、私には、ふぁっしょんざっし、なるものをお願いします」
「皆、楽しみに待つが良い」
「「「有り難き幸せにございます、チョハ~」」」
「・・・まったく!」



屋根部屋のプリンス二次小説、ヨンスル、チサン、マンボ


「近頃、チョハはパッカ姉上とお出かけになることが多いな」
「しかし、チョハには世子嬪媽媽がいらっしゃる」
「ト内官、ウ翊賛、ふたりとも鈍すぎる」
「というと?」
「パッカ姉上はチョハのお気に入りだ」
「お気に入り?」
「パッカ姉上に恋人でもできたら、その男は三族もろとも滅ぼされるに違いない」
「・・・・・・」
「ウ翊賛、顔が青いぞ?」
「もしかして、パッカ姉上のことを慕っているのか?」
「いや・・・そんなことは・・・・・・」
「チョハに知られたら大変だ。こう言ったらなんだが・・・チョハは・・・執念深くていらっしゃる」
「ウ翊賛、残念だが、パッカ姉上のことは忘れるんだ」
「しかし、チョハには世子嬪媽媽が・・・」

「「それとこれとは別!」」




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】君は僕のもの

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ  臣下三人組 

2014/01/22 Wed. 10:24  tb: 0   コメント: 2

【屋根部屋 二次小説】君は僕のもの - 3  

屋根部屋のプリンス連載

* そういうお年頃 *


屋根部屋のプリンス二次小説、ユチョン、王世子、セジャ、チョハ

「見合い相手とは、どうなったのだ」
「連絡はとってないわ」
「気に入らなかったのか?」
「あんたは会ってないから知らないと思うけど、あんたなんかより、ずっと格好良いのよ。色白で、背も高くて、やさしくて・・・」
「この男が格好いいのか?」
「!!! ちょっと、なんであんたの携帯に彼の写真があるのよ!?」
「居候の無事を守るのは、私の役目だ」
「えらそーに」
「この男とは縁がなかったのだ。諦めるが良い」
「そうね。でも、服もたくさん買ってもらったし、お母さんに見合い話をお願いしようかなー」

屋根部屋のプリンス二次小説、ユチョン、王世子、セジャ、チョハ

「・・・まだ見合いをするのか?」
「一度じゃ決まらないって言ったのは、あんたじゃない」
「何度やっても決まらぬ、という意味だ」
「私の実力をわかってないわね」
「そなたは乱暴でみだらゆえ、見合いをしても、この先縁を結ぶことはない」
「ふん!この前のお見合いで、可愛いって言われたの。映画だって誘われたし。私って、その気になればモテるのかも!」
「ありもしない想像を・・・ああ、見苦しい」
「炊事洗濯は問題ないし。いい奥さんになれるわ」
「そなたは全てが手荒く、また反抗的だ。夫に仕える心構えが足りていないではないか」
「ふーん、私の料理を気に入ってるくせに」
「それは、そなたしか料理をする者がいないゆえ・・・!」
「・・・ま、いいわ。お見合い、楽しみー!」

屋根部屋のプリンス二次小説、ユチョン、王世子、セジャ、チョハ

「・・・もう充分運動した。帰る」
「先帰って。私、もうちょっとウエストを引き締めてから・・・」
「無駄だと言っておるのだ!パッカ、帰るぞ!」




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】君は僕のもの

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ 

2014/02/09 Sun. 14:12  tb: 0   コメント: 0

【屋根部屋 二次小説】君は僕のもの - 4  

屋根部屋のプリンス連載

* 漢江デート *

「本当のお母さんは見つけられなかったけど、私も前向きに生きようと思ってるの……聞いてる?」
「ん?聞いておるぞ」

屋根部屋のプリンスユチョン

「あー!私のバナナ味!!」
「……あっ!」
「あ、じゃないわよ!」
「いや、これはつい、その……」
「悩みを聞いてやるって言ったくせに。本当は興味なかったんでしょ」
「そんなことはない!」
「つまんなくて、私のバナナ味まで飲んじゃったんでしょ!?」
「いや、そうではなく、イチゴ味を飲み終えてしまったゆえ、つい」
「もう、いいわよ、ふん!」

屋根部屋のプリンスユチョン


「パッカ、待つのだ」
「どうせ、私は居候よ」
「そ、そのように思ってはいない」
「じゃあ、何なのよ?」
「えーっと、それは……あ、待て!」
「ほら、居候じゃない。もういい、ついて来ないで!」
「そなたが我らにしてくれたことは、みんなわかっている。三人とも感謝しておるのだ」
「で、あんたは?」
「私は、その……」
「居候なのね。サイッテーなやつ!」

屋根部屋のプリンスユチョン

「パッカや、ヨーグルトを一緒に買いに行こう」
「もう飲みたくないもん」
「じゃあ、何を怒っておるのだ?」
「知らない!一人で飲んでれば?」
「……うんん!そなたは、居候ではない」
「じゃあ、召使い?」
「そうではない。そなたは、だから……」
「もったいつけないで、早く言いなさいよ!」
「だから、その……」
「本当に、もう知らない。帰る!」
「パッカやぁ……」




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】君は僕のもの

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ 

2014/03/31 Mon. 00:31  tb: 0   コメント: 2

【屋根部屋 二次小説】君は僕のもの - 5  

屋根部屋のプリンス連載

* コーヒーブレイク *

「みんなのスーツも揃って、これで仕事も安心ね」
「我らのスーツ姿は、様になっておりますか?パク・ハ殿」
「もちろん!みんな格好いいわ!凄く似合ってる」
「まことでございますか?」

201503096.jpg

「うん、本当に格好いい!チサンは、ちょっと可愛らしさが出てるから、ヌナに大人気になれるわ」

201503090.jpg

「マンボは、聡明だって、一目で分かる。うん、いい感じ!」

201503094.jpg

「ヨンスルさんは、さすが武闘派よね。スタイルが良いから、一番格好良く着こなしてるわ!本当に、みんな、凄く格好いい!」

201503093.jpg

「みんな?パッカ、この私を忘れてはおらぬか?」
「パ、パク・ハさん!チョハは、いかがでしょうか。我らより、お似合いでいらっしゃると思うのですが」

201503092.jpg

「……まぁ、普通?」

201503091.jpg

「普通?この私の、どこが普通なのだ!そなたの目は、節穴か!?」
「だって普通じゃない。あんたぐらいなら、このカフェに一杯座ってるわよ」
「パク・ハ姉さん、チョハは朝鮮でも一二を争う、見目麗しいお方でございます」
「そうです。緑鬢紅顔(ノッピンホンアン)であられると、宮殿でも大変に評判で……」
「のっぴ?」
「そなたは卑しいから、この私の高貴さがわからぬのだな」
「パク・ハ殿、謝って下さい」
「そうです、チョハが普通であられるはずがありません。すぐ許しを請うのです」
「だって、感想聞いたのはそっちでしょ?素直に普通って言って、どこが悪いのよ」

201503095.jpg

「何が普通だ、聞いて呆れる」
「チョハ、お許しください」
「ちょっと!こんなところで土下座しないでよ!」
「チョハ、我らはチョハが一番見目麗しいと存じております」
「左様でございます。チョハ、どうかお許しを」
「この者がわからねば、意味がない!!!」
「パク・ハさん、一緒に謝って下さい」
「嫌よ。普通って言ったら、普通なの!」
「いつかその駄弁を弄する口を裂いてやる」
「やってみなさいよ、ほら」
「皆の者、私は帰る!!!」




↓ランキング参戦中です。画像をポチっと応援宜しくお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
拍手するLINEで送る


【作品名】君は僕のもの

【テーマ】 屋根部屋のプリンス二次小説  イ・ガク×パク・ハ  臣下三人組 

2015/03/09 Mon. 06:18  tb: 0   コメント: 4

最新記事

目次

テーマ一覧

更新情報 配信中

プロフィール